シェリー

shelley

「Shelley」は、20世紀のイギリスを代表する陶磁器メーカーです。

1966年に閉窯して以降、シェリーの製品は作られておらず、年々貴重なものとなっています。

会社名を「Shelley」としたのは1925年からですが、その歴史は1853年からスタートしています。

スタッフォードの「フォリー陶器製造」にヘンリー・ワイルマン氏が共同経営者として加わり、新たな陶磁器制作が始まります。 ここから後世まで残るヒット作を数々生み出していくことになります。 1872年に会社名を「フォリー」から「Wileman」に改名しています。 そのため、シェリーの製品は「ワイルマン」と呼ばれることもあります。

世界中にファンクラブがあり、現代でも多くのコレクターがいることで知られるシェリーの製品は「高級」であることにこだわり制作されていて、どれも気品に溢れています。 またティーカップだけでも40種類以上の形があり、コレクション性が高いところもシェリーの魅力です。

シェリーの製品は「モダン」「クラシック」両極端の製品が多いことが特徴です。 それは、他社で活躍する有名なデザイナーや新鋭デザイナー、そして風景画家を起用したためです。

アールデコを彷彿とさせる幾何学模様や大胆なデザイン、色合いは「モダン」でおしゃれ。 水彩画のような淡く美しい色合いで描かれた草花や季節の風景・イングリッシュガーデンは飽きることない「クラシック」の良さです。

当店では、「モダン」の代表作「ヴォーグ」や、八角のシェイプが現代でも一番人気の「クイーンアン」シリーズなど数々のシェリー製品がございます。 高級感漂うシェリーは空間をおしゃれに演出してくれるアイテムです。

1 2 3 4