送料無料案内

ワーリング&ギロー(Waring&Gillow)社製 サイドボード

70%OFF オーク材で作られたダークオークの色合いのワーリング&ギロー(Waring&Gillow)社製サイドボード

ワーリング&ギロー(Waring&Gillow)社製 サイドボード FS14-0539-0

  • 品番 :FS14-0539-0
  • 在庫 :1
  • サイズ:W1820 D610 H1090
  • 素材 :オーク
  • 値段 : 648,000円 194,400円
  • 製作 :1920年頃

★★★↓↓ご注意ください↓↓★★★

在庫一掃セールの特別価格のため、商品のコンディションは、【現状でのお引渡し】となります。

発送前の追加の補修やメンテナンスは行っておりませんので、予めご了承ください。

※現状のお渡しですので【キズや反り、割れなど状態にシビアな方】は特にご留意ねがいます。

セール品につきましての【返品返金キャンセルはお受けできません】ので予めご了承をお願いいたします。

★★★ ↑ ↑ ↑ ★★★





ダークオーク無垢材の重厚なデザインのサイドボード。
長い年月を経たからこその古艶と、オーク材ならではの虎斑が綺麗に表れています。
笠木や扉には、幾何学模様に面材を貼付けたアプライドモールディング、正面の引出し下にはアカンサススクロールの繊細な透かし彫り、鈍い輝きの真鍮のドロップハンドルなど、随所にこだわりある装飾が凝らされています。
程よい高さの脚で、圧迫感が少なくすっきりとした印象です。
正面の引出しと、左側の棚板付きの扉、右側のボトルホルダー付きの扉は、約60cmの厚みがあるためたっぷりと収納ができます。


【コメント】
販売スタッフ(女性)です。
「役に立たないものや、美しいと思わないものを家に置いてはならない。」

これは、19世紀イギリスを代表する「近代デザインの創始者」ウィリアム・モリスの言葉です。
みなさんはどうですか?
「美しい」と思う物、「やっぱり好きだな」と思える物に囲まれて暮らせたら素敵ですよね。
毎日がもっと楽しくなりそう。

ところで、なぜモリスのこの言葉が浮かんだかというと
このサイドボード、引き出し下の透かし彫りアカンサススクロールがなんとも印象的なお品物だからです。
アカンサスはハアザミという植物がモチーフ。
古代ギリシャ・ローマ時代から建築に用いられていた歴史ある彫刻デザインなのですが、
かつて、モリスもこのアカンサスをモチーフにした「アカンサススクロール」をデザインしています。
そしてそれは今でも色あせることなく人気で、カーテン生地などに使われたりしています。

このデザインはアカンサスに躍動感が生まれ、より迫力と優美さが感じられます。
重厚感あるオーク材にとてもよく似合うモチーフです。

オーク材の独特な木目模様を堪能できるこちらのお品物は木肌が味わい深く艶やかなところもまたいいです。

脚は8本あり、ふくらみとくびれのバランスが美しいです。

バラスターレッグというスタイルで、1600年代初頭からある伝統的なデザインの脚です。
また、イギリスの家具は脚高なので、膝を地面につかなくても扉の開閉ができ、楽ちんです。
中の物を出し入れするのに「よっこいしょ」のかけ声が必要な家具だと面倒ですよね。

さて、このサイドボードを作ったのはワーリング&ギロー(Waring&Gillow)社というところです。
名前の通り、ワーリング社とギロー社2つの会社が合併して1897年に設立されたイギリス屈指の高級家具メーカーです。
イギリス王室の調度品をはじめ、
クイーンエリザベス号やヴィクトリア&アルバート号など豪華客船の内装家具まで製作していたそうです。
残念ながら、今はもう廃業しているので、残っている家具を大切に次世代へ受け継いでいきたいですね。

「役に立つ美しいもの」を置いて素敵な暮らしを!

【コメント】
工房レストア担当(男性)です。
1920年代、総無垢オーク材で製作されたサイドボードです。
こちらの逸品、最高級です。非常に厚く切り出した無垢材をふんだんに使用しており、構造も釘を使わずホゾ組みという方法でしっかりと造られておりますので非常に頑丈です。
そして虎斑も見事。オーク材の輝く最高級の「美」を表現した英国職人の匠がつまったサイドボードです。
また、無垢材特有の反りも無く、塗装面に関しましても多少の小傷はありますが、大きくは気にならないアンティークの味といえるものかと思われます。コンディションも最高級でお薦めです。