送料無料まもなく終了

タブチェア  クッション付き

70%OFF マホガニー材で作られた、オリジナルの生地のままのクッション付きアンティークタブチェア

タブチェア  クッション付き FF14-0201-0

  • 品番 :FF14-0201-0
  • 在庫 :1
  • サイズ:W610 D600 H725
  • 素材 :マホガニー
  • 値段 : 223,560円 67,068円
  • 製作 :1900年頃

★★★↓↓ご注意ください↓↓★★★

在庫一掃セールの特別価格のため、商品のコンディションは、【現状でのお引渡し】となります。

発送前の追加の補修やメンテナンスは行っておりませんので、予めご了承ください。

※現状のお渡しですので【キズや反り、割れなど状態にシビアな方】は特にご留意ねがいます。

セール品につきましての【返品返金キャンセルはお受けできません】ので予めご了承をお願いいたします。

★★★ ↑ ↑ ↑ ★★★






ヴィクトリアンからエドワーディアンに作られたタブチェア(Tub chair)。
タブ(Tub)=風呂桶の形状から名前がつけられたイスで、風呂桶の形のように背と肘掛部分がつながり、弧を描くようなチェアのことです。

身体を包み込むような安心感のあるタブチェアは、18世紀には英国上流階級のドローリングルームでは定番となっていたようです。

マホガニー無垢材のフレームにはフルーティング(溝彫り)とピアスドカービング(透かし彫り)が施され、当時の職人の技術力の高さが伺えます。その名の通りバスタブの様に広々とした座面を持つタブチェアは、ゆったりと座ることができます。足先にはキャスターがついており、座る方向にあわせて手軽に動かせます。

【コメント】
買付け担当(男性)です。
「浴槽椅子」
というのがこの椅子につけられている名前です。
いわゆる、バスタブ・チェアの直訳でございます。
どこのどなたが付けた名称かは諸説あるらしいですが、250年くらい前にヨーロッパで生まれアメリカに渡った頃に付けられたらしいです。証明されていませんが。
まぁ、ほとんどの人にとってはそんな歴史は全くどうでもいい事でしょう。

細かい歴史はどうでもいいのですが、実はこのタブチェアが生まれる以前、様々な場所で座席として置かれている椅子は、ダイニングチェアのような形状ばかりだったようです。
硬く真っ直ぐな背板と高い位置の座面。これで長時間座るには、250年前の人々はなかなか腰とお尻がキツかったのではないでしょうか。

時は変わって今、この現代。
あなたはどこかでゆっくり本でも読もうと、喫茶店に入ったとします。
そこは、色々な形の「椅子」のある喫茶店です。

姿勢の改まりそうな「ダイニングチェア」、
重厚で渋い色合いの「木の座面の椅子」、
そして、
あなたの身体を、深く低く、ふわりと包み込むこと請け合いの「タブチェア」もあります。

ウェイターが声をかけてきました。
『どうぞ、お好きなお席にお掛けください。』

さて、あなたはどの椅子を選ぶでしょうか?